細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
未分類

健康的に楽しく飲もう!つまみの選び方

酒

お酒が美味しい季節ですね〜!

冷たく冷えたビールを楽しみに、仕事から帰ってきて、プシュッ!!

プハー!!!幸せ〜✨✨🍺

のために頑張るかたも多いと思います。

ところでおつまみは何を食べていらっしゃいますか?

枝豆や冷奴、野菜スティックなどなど、夏野菜も美味しいですよね。

でも・・

中には、おつまみなしでお酒を飲まれて、翌朝、疲労困憊‼️ケースを聞いたりするので

健康的に飲めるおつまみをマスターしちゃいましょう!

 

飲んで疲れてないですか?

疲れる
疲れる
ご相談

ポテチやお菓子をつまみにお酒大量に飲んで

お腹が空いて、夜遅くにラーメン

翌朝、疲れがハンパないです。

んーー

そりゃそうだよ・・・

 

としか言いようがない。

 

 

お酒だけを飲んでれば、低カロリーだからとか

糖質offだからウイスキーとか

健康を気にして、お酒を選ぶよりも

何をつまみとして食べるかの方が実は重要。

 

肝臓の分解機能は決まっているので

それをいかにオーバーしないかがとても大事なんです。

 

アルコールの90%は胃を素通りして小腸から吸収され、肝臓で分解される。

胃に食べ物があれば、アルコールがとどまり、

貯留時間が稼げるので

肝臓に負担をかけにくいのです。

つまり、\つまみをしっかり食べる/ってことが大事なわけです。

つまみには、豚肉を選択

つまみは何でもいいわけではなく

たんぱく質とビタミンB1が豊富なものを選択するのがベスト✨

肝機能を高める「たんぱく質」

アルコール分解で大量に消費される「ビタミンB1」

(この、ビタミンB1が不足すると

翌朝の疲れにめちゃくちゃ直結します!!!)

 

ですから、上記の例のように
糖質だけで、お酒飲んでる方は

ビタミンB1不足で翌日の疲労はお約束ということに・・・😭。

 

このたんぱく質とビタミンB1の2つを兼ね備えたものは・・・・・

豚肉です!!!🐷

 

アルコールの吸収を穏やかにする

◆食物繊維(もずく、酢の物、きんぴら)

◆植物性のたんぱく質(煮豆、枝豆、納豆、豆腐)

こういうのも

積極的にとりたいですね✨お試しください。

豚肉のビタミンB1で疲れを残さない!!

 

おつまみもそうですが

私は、百草丸をお酒の前に飲む工夫をしています。

全然二日酔いなどにならないです。個人差あるかもですが✨

胃腸の負担、炎症を抑えてくれるので

飲む前に20錠✨

飲んでる最中にも追い百草丸をしてますよ〜✨


 

また、お酒を飲むと

アルコールの利尿作用で

どれぐらいの水分を失うか知ってますか??

なんと

飲酒量の1.5倍もの水分を失います!!!

健康的に飲むためには

お水もしっかり補給して

楽しく健康に飲みたいですね💕

水

 

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期