細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
栄養

朝の習慣がすべてを決める、太陽を浴びて夜はぐっすりの生活習慣

太陽

習慣化が結果のすべてを決めると思っています。

習慣化には66日間かかる

でも、66日間続けば半年続く

半年続けば1年継続し

確実に体は変化します。

分子栄養学では、栄養を細胞にアプローチしていくので

薬のように即効性はないですが
年単位でじわじわと変化していくため

ある程度長い期間が必要です。そのために、いかに習慣化できるかが
大切になってくる

そこで、習慣をつけるために
強制的に

朝の筋トレを
カウンセリング対象のクライアントと一緒にやり始めたところ

いいことが次々に起きたので

これはいい!!

とブログに残そうと思います。

まず、筋トレは外で太陽の光をサンサンに浴びて
実施

太陽

するとセロトニンがガンガン生成されます💕このセロトニンは夜になると
メラトニンに変化するため
夜はグッスり熟睡できるようになりました。

朝、朝食前に筋トレをすることで
余分な脂肪が燃焼し
1ヶ月で体重は➖2キロ💕

お腹が空くので
朝食はしっかり食べる

卵

すると、腸が動いて
排便が決まった時間に
するする出るように💕

排便がスムーズになったもう一つの理由として
腹筋が付いてきたことによって
排出力がついたから

朝の筋トレが、こんなにも朝を変えるなんて
思っても見なかった

で、朝の筋トレを約束しているので
夜はそんなに夜更かしできない
だから、早めに就寝するようになるので
必然的に睡眠時間も確保できるようになる!!!!

習慣にするためには
自分一人は難しいので
誰かを巻き込んで実施すると

長く継続できるもんなんですね✨

 

 

 

 

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期