細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
栄養

夏バテの正体は自律神経の過労だった!脳疲労を鶏胸肉でカバーする

夏

梅雨が明けたら、厳しい夏が控えていますね☀️

 

ギラギラの灼熱地獄と

キンキンに冷えた室内の出入りで

体温調整ができなくなって

カラダが重い。なんとなく不調・・

こんな経験ありませんか?

 

夏バテの正体は、栄養不足というよりは

体温調整できない(自律神経の乱れる)ことの、脳疲労です!

この脳疲労を改善させると、注目されているのが

鶏胸肉のイミダペプチド🐔

冷房も賢く利用して、体温の乱高下をさせないことも大事ですが

鶏胸肉料理で、この夏を是非とも乗り切りましょう!💕

体温調節は自律神経

自律神経を司るのが

脳の中枢、視床下部という部分。

ここで、体温調節や血圧・交感神経・副交感神経など

『体温上げて』とか「呼吸して」って意識しなくても

自動で調整をします。

逆にいうと

意識して調節はできないので

日々のケアがものをいう。

 

灼熱地獄と冷蔵庫のようなお部屋を行き来していると

脳で処理する情報量が増加して

ストレス物質の活性酸素が発生します。

すると

酸化ストレスにさらされた

自律神経の中枢が

「メッチャ疲れました・・・」となり

本来の役割を果たせなくなる。

すると

疲労・倦怠感・頭痛・めまい・肩こり

とにかく疲れる・・

というような状態になります。

 

夏バテには

うなぎ‼️

レバニラ炒め‼️

にんにく‼️

というイメージがありますが、

これらの食品に疲労回復の効果はさほどないのです!!!!

残念( ;  ; )

うなぎ

 

自律神経が疲弊している時に

脂っこいもの

ガンガンとっても

胃腸が働いていないので

消化不良を起こし、より自律神経に負荷をかけてしまう、ということなんでしょうね。

では、何がベストかというと・・

自律神経の疲労を鶏胸肉が救う

鶏胸肉

イミダペプチド

鶏ムネ肉から取っちゃいましょう!!

イミダペプチドは、動物の中で最も疲労が蓄積しやすく、酷使する部分に多く含まれている

✨イミダペプチド含有量 Top3✨

1位🏆 鶏胸肉 100gあたり1223mg
2位  カツオ 100gあたり811mg
3位  マグロ 100gあたり767mg

参考文献:「すべても疲労は脳が原因』梶本修身

このイミダペプチドが、脳の中で

特異的に脳で働いて、脳の活性酸素を除去するそうです!!

鶏肉なら手軽にとれそうですよね。

しかも、

1日あたりの100gの鶏胸肉を食べる=2週間

抗疲労効果

あらわれるそうです。

マグロやカツオでイミダペプチドが多いのが

泳ぐ際に一番動かす尾ひれに近い部分なんだって。

 

1日あたり、100g

昼か夜のどちらかを鶏肉料理したり

コンビニのサラダチキンバーも手軽でおすすめです。

手も汚れなくて

おやつにもバッチリ

是非、お試しを✨


———————————————————————————

3ヶ月本気で体質改善モニター募集中✨残り2名様✨\(^ω^)/

3ヶ月で分子栄養学の知識と実践をとことんやり尽くし、自分の体を知り尽くす

本気の体質改善コース✨

分子栄養学の知識と実践です。

\残り2名💕/

モニター価格でのご提供は2名様のみ。
以後定価価格になります。
この機会をお見逃しなく💕

◆カウンセリング詳細

◆お客様の声

公式ラインで分子栄養学についての情報や知識を発信中

メールを読むだけで分子栄養学を学べちゃう✨

江口恵子公式ライン登録しませんか?

スマホなら2秒で登録↓

友だち追加
ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期