細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
サプリメント

これがすぐに簡単に紫外線から肌を守る方法です。

このブログでは内側からの栄養を中心にお伝えしているのですが

紫外線の扱いは別!!

外からのアプローチがとても大事。

全ての肌老化は紫外線からといっても過言ではないんですよね。

 

それを痛感したのは海外に旅行に行った時のこと。

標高の高い場所に住んでいる

紫外線をバンバン浴びる人たちの肌

を見てそう思いました。(◎_◎;)

 

山

 

何を食べているかももちろん関係はあると思いますが

紫外線を浴びる量が多いほど、活性酸素が増え

老け肌になってしまう確率が断然高い。(T_T)

 

だから日焼け止めをどう扱うか!

これがキーワード

エイジング目線なら

紫外線のAとBを両方カットできるものを選ぶといいことを最近知りました。

 

紫外線にはA派というものとB派というものがあって

紫外線A波

肌の奥まで浸透して、ゆっくりじわじわ時間をかけて

しわやたるみの原因になるもの。(すぐにはわからない)

 

紫外線B波

肌を赤くしたりする炎症を起こすもの。見た目にわかるもの。

プール

AとBを同時にカットしてくれる商品

ABUVカットで検索すると

こんなのあったりするので、試すのもいいかも✨👇

https://shop.wakasa.jp/np/capreve_lp/

ちなみに

UV-Aカットに効果的な吸収剤が、

◆ t-ブチルメトキシジ

◆ ベンゾイルメタン

◆ 酸化亜鉛

——————————————————————————————–

UV-Bカットに効果的なのが

◆メトキシケイヒ酸

◆エチルヘキシル

◆酸化チタン

この表示見て、今自分が使っているUVケアを見てみるのも面白いよね✨

日焼け止めの塗る量は

以前はこんなに少なかったので
夏場、結構焼けていたのですが

日焼け止め

顔に500円玉ぐらいの日焼け止めを塗るを実践していると

 

プールに行こうが

プール

川に行こうが・・?

かわ

海に行こうが

夏 海

焼けない!!

森

また、頻回に塗り直す!ことも忘れずに・・💕
後、も紫外線から絶対守りましょう。
目から入った紫外線は、メラトニン色素を生成させちゃうことがわかっているんです。

体や顔だけ厳重にやっても
紫外線対策が無駄になっちゃうのですよよお

 

ということで

家の中でも紫外線はだいぶ多いようなので、

UVケアは365日やるしかないようですね✨

 

ちなみに、分子栄養学の得意分野

内側からの抗酸化アプローチ

としては・・・

 

ビタミンCを飲みまくる!

これに尽きます。

私は、アスコルビン酸レモンを楽しんでます✨ちょっと蜂蜜入れてね✨

うまし!ビタミンCの飲み方はコツがあります。

一回量は1000mgこれは遵守!

そしてこれを頻回に!

です💕

 

アスコルビン酸 アスコルビン酸レモネード

まとめ

①日焼け止めはABカットで

②頻回に塗り直す!

③ビタミンCで内側からのエイジングケア

ご参考までに

———————————————————————————————————

心と体をリセット!!

「大人のための痩せる食べ方講座」開催

2020年 8月30日 日曜日 午後3時〜 オンラインzoom

ご都合ついたら是非ご参加くださいね〜💕👇

もう我慢は卒業しよう!

楽しく食べて、健康に無駄のない体を目指します!!

🌟詳細はこちら

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期