細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
栄養

鯖缶とオリーブ油で良質な油を細胞膜と脳に届けよう!おすすめ油の選び方

油

36兆個の細胞膜が集まったものが私たちです。肌も細胞膜の集まり・・

その細胞膜の材料となるのが油なんです。今日、口にした、いろいろな油がそのまま細胞膜にお届けされるんです。パンに含まれているショートニングや、マーガリン、バター。料理に使ったオリーブオイル。揚げ物が好きならコーン油などなど・・

でも困ったことに、現代の生活では、リノール酸と言われる油(サラダ油など)が使われすぎて、知らず知らずのうちに摂りすぎてませんか?

例えば、たったキャップ一杯の油を体内に入れるかわりに、原材料で食べようとしたらすごい量で食べれません・・。だけど、油だとスルスルいけちゃう!みたいな感じです。

リノール酸は自然界にとって1番大事なんですが、とりすぎにより体内では炎症がつよくなっています。

なんか落ち込みやすいな〜とか、生理痛がひどい、肌の調子が悪いなど、脳や肌にダイレクトに影響があるのが油です。

結論はサラダ油に偏らず、様々な油をまんべんなく摂取すること。これに尽きます。

鯖缶が最高だよ

魚を食べるメリットを研究したデータが山ほどあります。

①魚を食べる国ほどうつ病が少ない(1)

②母乳にDHAがたくさん含まれていると、産後うつになる確立が低い(2)

お母さんの持つDHAの量が胎児に引き継がれて、数年にわたって維持される!胎児の脳が急成長する妊娠後期がたいせつ。

③妊娠中にお魚をたくさん食べると、その子どもは認知機能テストの成績が良く発達障害の発症も少ない

③子どものうつに効く

研究データで共通しているのが脳に影響があるんだなと。

脳の60%が油、そのうちの20%がDHA。脳にはBBBといって、脳に毒が行かないように厳しくコントロールされている門があるんですが、そこをDHAは通過できる!だからDHAを含んだお魚は脳の機能をあげてくれるというながれになります。

お魚には EPAも多くふくまれていて、これは痛み止めとして利用したりするぐらいなので、体の痛み、炎症、腫瘍をなんとかしてくれるという効果もあるんですね〜。

だから、さっそくお魚食べよう♫!という話にはなるのですが、お魚料理して食べる習慣とかないし・・という場合

そんな時、鯖缶、汁ごと 

が、簡単。これ、食べるサプリです。鯖缶に含まれるDHA,EPAの量これがすごい。

鯖缶

イワシ缶になるとちょっと少なくなるけど、これでも十分

イワシ缶

一日あたりのDHA.EPAの摂取量は、1000mg以上を推奨されているので、

鯖缶だったら、4分の1、イワシ缶だったら2分の1でもOK。これなら続けられそうじゃないですか?

私が良くやるのは、さば缶の上にセブンイレブンのラタトウイユをON♫

トマト らたつゆ

 

料理

血糖値も上がらないし、イタリアン風な味付けになって美味しいです。

料理に最適な油はオリーブ油

オリーブオイルの働きは以下の通り。

①善玉コレステロールを守る。

②高血圧を改善。

③お腹の運動をうながす。

④乳がんリスク62%も下げる

いろな効果を期待できで、調理に使いやすいのはオリーブオイルなんです。

オリーブオイルが高血圧に効くという話は、むかしから有名で、2000年の論文で高血圧に悩む23人の男女にオリーブオイルを飲んでもらった実験で、6ヶ月後には大半の数値が大幅に下がり、そのうち8人は薬をやめてもOKなレベルにまで症状が改善したそうな。

オリーブオイルだけで高血圧が治ったらラッキーな感じですよね。

オリーブオイルがお腹の運動をうながすのは、小腸で吸収されず、大腸までオリーブオイルが届くので、腸がわっせわっせと動くから。だから、便秘解消にもなります。

お腹

でも日本にはまがい物だらけのオリーブ油がほとんど・・

日本はIOC(国際オリーブ協会、オリーブオイル普及のため、規格を設けた中立的な評価機関)に加盟していないため、エキストラバージンといっても欠陥品や偽物が横行しています。ただし、IOC基準も非常に甘くて、農家や業者寄りで、消費者よりではないです。

だから日本で流通されているものは、欠陥オイルが多いです。酸化している、発酵臭、腐敗臭、かび臭がするとか・・

エキストラバージンオイルとうたいながら、大豆油、キャノーラ油で水増しされている商品が多いんですよ。

日本で出回っている8割が偽物とも言われています。オリーブオイルに他の油を混ぜても素人が見抜くのは至難の技です。

今召し上がっている油、どんな油ですか?裏側を見てチェックしてみてください。

オリーブオイルは低温圧搾を選ぼう

オリーブオイルを選ぶポイントは

①オリーブの実をすりつぶして実を絞っただけの、エキストラバージンオイルを選ぶ

②低温圧搾もしくはコールドプレスと記載がある

③遮光瓶である

ピュアオイルはエキストラバージンオイルとは違います。化学精製されたオリーブ油にエクストラバージンオイルを混ぜたもの。注意してくださいね〜。

遮光瓶が必須なのは、オリーブ油は光に弱いので透明な瓶だと、光を通して酸化してしまうからです。透明な瓶でオリーブオイルが売っていたら、あれ?って思うといいです。

オリーブオイルは結局のところ、生ジュースなんですよ。ジュースと考えると半年も1年ももたせないので、サクサク使い切る。オリーブの本場では、2週間で使い切って、樽から直接オリーブオイルを買う感じらしいです。

こだわりたいというかたは、搾油方法、収穫時期、実の品質、保存状態などをみていくと良いです。

油

おすすめオリーブオイル

OliveJapanのサイトにあるコンテストの受賞を参考にすると良いです。信頼度が高い。

オリーブオイルコンテストはこちら

https://olivejapan.com/contest

オリーブオイル

うちで使っているのはコレ!これほんと香り良いし、一番おいしいです。


 

 

油の質は細胞膜と脳の質に大きい影響があります。特にメンタルに対しての影響がかなり大きいことを思うと、油もちゃんと知識をもって選びたいなーと思います。

自分の体への投資だと思って、いい油に変えることは健康への近道ですよ♫

参考資料1)日本人約27万人を17年間追跡した疫学調査では、毎日魚介類を摂取している人では、それ未満の人より自殺の危険率が0.81で済む。

1)26研究150,278人のメタ分析では、魚の摂取量がうつ病のリスクを減らすことが示唆された。

contact-form-7 id=”136″ title=”コンタクトフォーム 1″]

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期