細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
未分類

【正月太り】はさようなら。食べたことをリセットできちゃう、3つのポイント

お正月

今のあなたの胃袋の感覚、体の感覚はどんな様子ですか?正月太りにならないで、新年から爽やかにスタートさせる方法を教えます。

 【糖質のみ】をたらふく食べるのはNG

寿司、デザート、揚げ物、そば、もち

こたつでみかん大量

なんか頭がボーっとしてませんか?

気がついたら、朝から晩まで
糖質が大量に入っている状態で
こたつでごろり。

あるあるなんですが、この時体で何が起きているか・・

血糖値スパイクです。

 

血糖値スパイクとは

食後の短時間に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」。放置しておくと動脈硬化が進みやすくなり、心筋梗塞、脳梗塞、がん、認知症などのリスクが上昇する。

食後にすごく眠くなるし
頭ボーっとするし
血糖値が上昇した反動で
低血糖になるので

またまた、アイスとか甘いものがほしくなる。

これ、永遠に食べ続けてしまう
おデブコースの始まりです。

不思議なことに、甘いものを食べると
次の甘いものを誘発する。

それはなぜかというと

糖質のエネルギーは2時間しか持たないから。

すぐエネルギー切れになって、また食べたくなる。

食べ過ぎちゃうんですよね。結局。

この食べ過ぎを抑えるために
ある栄養素が必須になるのです。

食べ過ぎ

糖質のお供にビタミンB群

もう、しつこく何度もこのブログで書いてきた
ビタミンB群ってやつ。

これこそが
糖質を燃やす、着火剤なわけで、
食べた糖質を燃やしてくれる。

しかも、心の安定にもビタミンBは必須。

メンタルを穏やかにさせたり、やる気だったり
達成感だったりのホルモンの補助の材料。

だから、結論
糖質を燃やす材料をガンガン入れましょう

というのが答え。

特に、赤身の肉には、多くのビタミンB群が豊富。

牛肉、ラム肉、豚肉

とると良い。

特に、ラム肉は
Lーカルニチンという栄養素が脂肪を燃やすことで有名。
脂肪を燃やしてくれる。

ラム

お寿司やデザートを食べたら
お肉、お魚入れる!

くれぐれも糖質だけで、お腹いっぱいにしない

これは肝に命じて。

 

私の例
ポッキー一箱を食べた後に、鯖の味噌汁を飲むと
満足感があって
次の甘いものを欲さないです。これほんと。

ケーキとか食べ過ぎたら、味噌汁を補充。味噌汁は手軽だから継続しやすい。

タンパク質とビタミン、ミネラルが満足感をもたらしてくれるし
食べてるのに痩せる・:*+.\(( °ω° ))/.:+

食材で無理ならビタミンBサプリで補充

肉、魚、料理が難しいなら、手軽にサクッとビタミンB群を補充できる方法あります。

それは、サプリ。

普通に食事だけでは、補充できない量が
コンスタントに取れるため

食事をベースにこういうサプリも賢く使用すれば

体感もググッと上がる。

特に、ビタミンBは体感が得られやすいっ!

これは経験値として、自信を持ってお伝えできる。

飲み方、食後に3回、こまめにとる。ここポイント。(水溶性のビタミンだから、3時間おきぐらいが血中濃度を一定にできる)

今でも、毎日のむサプリの一つです💝


まとめ

①糖質とビタミンB群はセット

②赤身のお肉や魚が効果的だけど、味噌汁はもっと手軽に続けられる。

③ビタミンB群は、食後に3回、こまめに摂取で体感上げて。

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期