細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
栄養

脂肪が燃える!代謝に必要な栄養素を考える

食事

 

はたらき盛りで自身の健康が二の次となりやすいミドル世代(35歳から54歳ぐらい)の栄養障害の特徴は、

“カロリー過多”と“ミネラルの不足”。

忙しくてつい食事を抜いたり簡単に済ませたりしがちの日々、手っ取り早くお腹を満たしやすいのは炭水化物ですよね✨

特に単身赴任や独り暮らしの人、外食が多い人では、同じものばかり食べていたり、カップラーメンやスナック菓子で済ませてしまったりして

気が付いたらカロリー過多、蛋白不足、ミネラル不足、という事態に。

 

ジャンク

血液データや食事記録を見ていても

たくさんそういう方いらっしゃる。

代謝が落ちるこの時期に“糖質過多、タンパク質不足、野菜不足”の食習慣を続けることは、将来のリスクを抱える大きな要因なんですね。

年齢によっては、3食食べたうち、一食分ぐらい代謝できなくなっていたりする!!!

そんな人がやがて高齢になると、今度は筋肉の衰えや低体力(“サルコペニア”や“フレイルティ”)などによる転倒や内臓疾患のリスクが増してきます。

 

本来、糖質と脂質、たんぱく質を摂取すると

細胞内のミトコンドリアという部分が

それらを原料にして

体に必要なエネルギーを作ります。

ここでエネルギー産生を円滑に働かせるためには

ビタミンやミネラルが不可欠!!!

ですからビタミン、ミネラルが不足すると

エネルギーがうまく作れず、余った材料は脂肪として

蓄えられやすいのですねー!!

ではビタミン、ミネラルをどう取るかというと・・

 

ご飯の代謝にはビタミンB1が必要なので

白米にはシラスや雑魚、納豆を加える

ご飯

味噌汁はミネラル豊富なだし(いりこなど煮干しを粉砕したもの)にする

ほんだしはお休み!

 

鯖缶やカプサイシン(七味など)

を加えて

代謝をupする。

さば

他にも・・

◆よく噛んで食べる!

糖質を分解できるのは

お口の中だけ。よく咀嚼すると胃酸も出て、消化能力が上がります。

 

◆朝ごはんは、食べる!

朝食を食べると、体温が上がり

体温が上がると代謝能力も上がります。

こんな小さな工夫だけでも、
ビタミン、ミネラルを体に充足させ、糖質、脂質を燃焼できる体になります!✨

毎日のお食事に、ビタミンミネラルを💕



 

 

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期