細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
免疫up

まじで怖い冷え・・冷えはすべての万病の元

氷

久しぶりに体調を崩しました。

その理由は、ズバリ冷え!
冷えってこんなに不調になるんだと

改めて冷えの怖さを感じたので

ブログに書こうと思います。

首元ががっつり空いた洋服をきて

冷房がガンガンに当たる席で作業をしていたのがいけなかった。

 

首からの冷気がどんどん入ってきて
半端なく自分のエネルギーを奪っていくのを感じたけど

ま、もうちょいがんばろ

とやっていたら
なんか手もキンキンに冷えて
集中もできなくなってきた。

この日の外は、灼熱地獄

たまらず、店を出て

車に入ると、高温のサウナ状態で途端に汗が吹き出る

それで冷房を入れる

冷やして

あっためて

冷やして・・

こんなめまぐるしい温度差の中で
自律神経をガンガン乱れさせた生活の最後に待ち受けていたのは

夕飯も作れないぐらい
パワーを失った自分

疲れた・・

しか言葉が出ない

とにかく寝たい

目を閉じたい・・

久しぶりに冷え
というやつにやられました。

体温が1度下がると免疫力30%低下
基礎代謝も10%下がると言われていて

しかも!

免疫力が30%低下すれば、1日に1500個近くのがん細胞が、免疫システムから見逃されて増殖していく可能性があります

参照・さわい健康推進課より

この文を見て

分子栄養学臨床研究会の講座で聞いた

ガン患者はお風呂の習慣がない傾向が多い

ということを思い出した。

この毎日の冷えの積み重ねがガン‼️に繋がるなんて・・

と気持ちがぐっと引き締まりました。

やばい、
夏は、冬以上に冷えている可能性あるんじゃないの!
と思い

しっかり体を真剣に温めてこ
と思ったわけで。

温泉

 

常に冷房の中

動かない

冷たいキンキンのアイスコーヒー飲んだり

アイスを食べる機会も多い

夕飯にそうめんや、冷やし中華もよく出る

その上、シャワーだけ

とかだと

本当に深部体温が下げて
免疫下げている。

このつけは

夏が終わって体調を崩す人

がそうなのではないかと思います。

現に、9月に入り体調悪い人たくさん見ます。

逆に、体を温めることによる恩恵は

こんなにたくさん。

・太りにくい体になる
・病気になりにくい
・新陳代謝が活発になり若々しくなれる
・エネルギーを消費する体になる
・腸のぜん動運動が活発になり、便秘予防になる
・脳の血行がよくなる!

ということで

温活
代表

♨️〜よもぎ蒸し〜♨️

に初挑戦✨

こんなに気持ちがいい体の温め方あったの????
というぐらい体がふわっとワンランク軽くなる体感。

よもぎの香りで脳も体もリラックスできる感覚が体感できます。

 

ポカポカが5時間ぐらいずっと継続して気持ちよく

その晩はしっかり熟睡✨

この温活を習慣にしてもいいな

と自分の生活に取り入れようと検討中です。

結論

体はとにかく冷やしちゃダメ!!!!

現場からは以上です。

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期