細胞から蘇る輝く女性を増やす栄養アドバイザー
プチ不調にサヨウナラ 分子栄養学の世界
栄養

糖をエネルギーに変えるには?

ご飯

糖をエネルギーに変える

たんぱく質をエネルギーに使うと 人間にとって有毒なアンモニアや窒素ができます。

怪我としたり、病気や炎症があると、どんどんタンパク質をエネルギーに変えて、骨肉を削り体のクオリティーを下げていってしまう。

 

つまり、糖をエネルギーとしてしっかり使ってあげる、使える状態にすることがとても大事なんですね。これが、栄養療法のきもなんです。

糖をエネルギーとして使うと、二酸化炭素とお水が発生するとってもクリーンなエネルギー

 

糖の流れ

 

グルコースがインスリンというホルモンが細胞膜にカチッとハマると・・

グルコース専用扉が開き、すんすんすんっと細胞膜に入ってくる

細胞膜に入ったグルコースは・・

細胞の中でこんなことが起きていた!
    ①グルコースが→ピルビン酸に変わり 2つのエネルギーが生み出される
    ②ミトコンドリア内に入ったエネルギーがアセチルCoAとなり、
    ③TCA回路へ→2つのエネルギー→電子伝達系→36個のATPができる

電子伝達系では、鉄がないと働けないのです。だから、鉄欠乏や貧血の方はミトコンドリアがうまくエネルギーを生み出せないということに・・

 

糖はミトコンドリアで使用されることが必須

 

ミトコンドリアで使われる栄養素は鉄以外にもたっくさんあります。

ビタミンB1とか、コエンザイムQ10とか・・

色々な栄養素が必要になってくるので

旬のお野菜とかをちょいちょい入れながら

いろんなものを

満遍なく食べることが大切なんですねー。

結局のところ

ミトコンドリアが回るためには

お肉、お魚、お野菜などなど

バラエティー豊かな食卓が理想ということです。

食って楽しむものなので

作る側も楽しめたら一番いいのですが、

かく言う私は

料理ってめんどくさーと言う方

だけど、売っている惣菜を食べていると

元気がどんどんなくなってくるので、なんとか料理しますが・・

これを打破するために

料理教室に通い始めましたhttps://www.abc-cooking.co.jp

これがまた、メニューも豊富で

いい刺激になってます!

この間は本格中華を作りました。

楽しく栄養素をたっぷり入れていきたいものです。

 

要点
  1. 糖は細胞の中に入り、最終的には、ミトコンドリアの中でうまく利用されると、ATP36個が作られる
  2. ミトコンドリアを動かすために必要な栄養素は ①鉄 ②ビタミンB1 ③コエンザイムQ10など様々な補酵素が必要
  3. お肉、お魚、お野菜などバリエーション豊かなメニューを
  4. 自分で作る方は楽しんで料理できる刺激をもらおう

 

 

 

ABOUT ME
keiko
keiko
分子栄養整合医学 オーソモレキュラープロフェッショナルとして栄養をからだに効かせる方法を楽しく考えてます。分子栄養学をわかりやすく伝えることを目標に日々勉強中です。 資格:看護師 MykinsoProカウンセラー onpカウンセラー4期